ワクチン接種へ準備 コロナ対応で特命チーム 佐倉市

新型コロナ対策について協議する特命チーム=18日、佐倉市役所
新型コロナ対策について協議する特命チーム=18日、佐倉市役所

 佐倉市は18日、新型コロナウイルスの感染拡大などを受け、コロナ対応強化やワクチン接種に向けた体制整備などを担う特命チームを新設した。65歳以上の高齢者らへ優先してワクチンを接種する仕組みを構築する他、国や千葉県、地元医師会との調整に当たる。

 特命チームは市健康増進課の職員を中心にした20代~60代の男女11人体制。市民への広報・啓発、PCR検査センターなどの対応と、ワクチン接種全般に係る二つのグループで構成する。設置期間は3月末まで。

 市役所で行われた発足式で西田三十五市長は「明るい未来を切り開いていくため職員が一丸となり、全力で職務に取り組んで難局を乗り越えていきましょう」と訓示。特命チームを代表し同課副主幹の辻口美佐枝さん(47)が「市民に安心を提供できるようワクチン接種体制の準備を進めていきたい」と話した。


  • LINEで送る