候補擁立、戦う共産 政策精査し公明見極め 異なる戦略 【’21ちば知事選 政党の思惑】(下)

 千葉市中央区で最大瞬間風速29・8メートルの暴風が吹き荒れた7日。共産党県委員会は、県文化会館・聖賢堂で県委員会を開いた。

 冒頭、小倉忠平委員長は「今年は知事選、衆院選などが続く選挙イヤー。知事選では市民団体と連携して候補擁立を目指し、衆院選では現政権を倒して野党連合政権実現に向けて頑張ろう」と呼び掛けた。

 知事選へは一貫して“主戦論”を掲げているが、同党を取り巻く環境は厳しい。2019年の前回県議選で、積極路線が裏目に出て共倒れするなどし、五つあった議席をわずか二つにまで減らした。国会では ・・・

【残り 864文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る