東京湾口 津波高10メートル想定 浸水予測で千葉県方針 震災調査専門委

  • LINEで送る

東日本大震災で東京湾内にも津波が押し寄せたのを受け、千葉県は27日、年度内の改訂を目指す「津波浸水予測図」について、これまで浸水予測をしていなかった同湾内の津波高を湾口で10メートルと想定する方針を示した。同日開かれた「東日本大震災千葉県調査検討専門委員会」(座長・中井正一千葉大大学院教授)の第4回会議で明らかにした。九十九里・外房と内房地域は、気象庁の津波警報区分に基づき、3メートル、5メートル、10メートルの津波高に応じた予測図をつくる。

 千葉県防災危機管理課によると、東日本大震災では旭市で最大7・6メートルの津波が到来したほか、木更津市でも2・8メートルが観測されるなど東京湾内湾にも想定を超える津波が押し寄せた。

 県が改訂作業を進める津波避難のための津波浸水予測図では、東京湾内湾について、湾口の房総半島南端での津波高を約10メートルと想定して予測図を作成。九十九里・外房と内房地域は、津波高を3メートル(1~3メートル)、5メートル(3~5メートル)、10メートル(7~10メートル)とし、それぞれ予測図をつくる。