2020夏季千葉県高等学校野球大会

千葉県が更新、事業許可 野田の産廃施設/館山の残土埋め立て

 千葉県は20日、野田市南部工業団地内の産業廃棄物処分業「柏廃材処理センター野田工場」の事業更新申請と、館山市坂田に海運業「服部回漕店」が計画する残土埋め立て事業について、それぞれ許可したと発表した。両施設とも周辺住民から反対運動が起きていたが、県は「許可要件を満たした」と説明した。

 県廃棄物指導課によると、柏廃材野田工場は8月22日に廃棄物処分業の更新を申請。同課が施設の立ち入り検査や欠格要件の有無を確認したところ、廃棄物処理法の許可要件を満たしたとして更新を許可した。

 同工場周辺では住民から健康被害の訴えがあり、野田市からも更新許可しないよう要望が出ていた。同課はこうした点を考慮し、今回の更新許可については焼却排ガスに含まれる塩化水素やダイオキシンなどの維持管理基準値の順守、排ガスの悪臭防止対策などの条件を追加した。


  • LINEで送る