市川、公用車「テスラ」公開 高額指摘に「環境配慮」

  • LINEで送る

公開されたテスラSUVタイプ「モデルX」=2日、市川市
公開されたテスラSUVタイプ「モデルX」=2日、市川市

 市川市は2日、公用車として導入する米・電気自動車大手テスラのうち、6月に入札したSUV(スポーツ多目的車)を公開した。現在使用している国産車と比べてリース料が高額になることなどから、一部市議から疑問の声も上がり、導入見直しを求める決議も可決されている中でのお披露目となった。

 公開されたSUV「モデルX」(6人乗り)は6月に入札があり、今月からの8年契約を結んだ。リース料は現在の国産車の2倍超の月額13万2千円(税別)。もう1台のセダンは、今月から8月にかけて入札する予定。

 テスラ車導入の意義について、市は「環境配慮に対する姿勢を示したい」として、テスラが先進エネルギー企業であることや「モデルX」が一度の充電で約500キロ走行することを強調。車両の安全性の高さも挙げた。

 市議会は国産電気自動車を採用しなかった点などを疑問視しているが、市は「黒色のセダン、多人数が乗車するワゴンという車種がなかった」と、公用車に適する車両が国産になかったと説明。市議会の決議については重く受け止めているとした上で「今までの説明が不足していた部分がある」と、今後も説明を続ける意向を示した。

 村越祐民市長は公開の際に「電気自動車や自動運転、エネルギーの地産地消という考えがこれから世の中に広まっていくと思う。その新しい方向性を先進的に示していくために導入した」とあいさつ。ただ、報道陣の質問に対応することはなかった。