林経産相「勉強不足」 参院予算委で認める

  • LINEで送る

 林幹雄経済産業相は15日の参院予算委員会の質疑で、原発の核燃料サイクルなど所管する原子力政策について「勉強不足」の自覚があるとの認識を示した。

 林氏は、使用済み核燃料の再処理事業や高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する質疑で答弁できず、審議が何度も中断。民主党の大塚耕平氏から「重要な問題を担当されている立場として、勉強不足という自覚はありますか」とただされ、林氏は「ございます」と素直に答えた。