耐震化で補助金要請 北総鉄道、千葉県と沿線市に

  • LINEで送る

 北総鉄道(鎌ケ谷市)は、首都直下地震などを見据えた北総線の耐震補強に向け、千葉県と沿線市に補助金の交付を求める文書を提出した。

 同線の耐震化事業にかかる費用の資金補助で、総事業費を国、鉄道会社、県・沿線市の3者で3分の1ずつ負担する。事業期間は来年度からの3年間を予定。

 同線の運賃は、県と沿線6市が支出する補助金が打ち切られる来年4月から値上げされるが、通学定期については耐震化補助と、県企業庁が北総鉄道に貸し付けている融資53億円の返済開始期限を5年間先送りすることを条件に10年間据え置かれることが決まっている。

 北総鉄道側は文書で「耐震補強は安全安心な輸送のため重大な課題であり責務。特段の配慮をお願いしたい」として、来年度以降の補助金交付を求めている。

 ただ、耐震化が必要となるのは柱だけでも約1500本に上るといい、沿線市の一つである白井市の担当者は「各市の本数や費用負担は示されておらず回答しようがない」としている。

 県も補助金支出の方針は示しているが「鉄道会社の詳細な説明を待ちたい」とした。