市原で公開討論会 予定5氏、持論訴え

  • LINEで送る

 衆院選公示まで1週間に迫った27日、県内選挙区のトップを切って千葉3区(千葉市緑区、市原市)の立候補予定者による公開討論会が市原市民会館で開かれ、同日までに出馬表明した5氏が政策などを訴えた。

 市原青年会議所(坪井秀樹理事長代行)が、前回衆院選時に続いて主催。3区は国民の生活が第一の岡島一正氏(55)と自民党の松野博一氏(50)の前職2氏に、民主党の青山明日香氏(30)、共産党の石川正氏(67)、日本維新の会の小林隆氏(49)の3新人が挑む激戦区のひとつ。