「緊張感ない内閣」 臨時国会へ厳しい姿勢 自民・浜田国対委員長

  • LINEで送る

民主党新執行部スタートを受けて、山井委員長ら同党の国対委員会のメンバーとあいさつを交わす自民党の浜田国対委員長(左)=5日午後、国会内
民主党新執行部スタートを受けて、山井委員長ら同党の国対委員会のメンバーとあいさつを交わす自民党の浜田国対委員長(左)=5日午後、国会内

 自民党の浜田靖一国対委員長(衆院千葉12区)は5日、新執行部がスタートした民主党の山井和則国対委員長を迎え、就任あいさつに応じた。

 浜田氏は会談後、政治資金の問題を抱える新閣僚について記者団に「説明を求めるが、辞めてもらうのが筋。緊張感のない内閣であり、早々に衆院解散すべき」と批判した。

 会談内容については「あいさつだけ。臨時国会開会など具体的な話はしていない」としたものの、「内閣改造後に国会を開くのは当然。安全保障の問題など課題が山積しており、聞きたいことはたくさんある」と早期に開会すべきと指摘した。