船橋市式典に首相夫人 国際交流でメッセージ代読

  • LINEで送る

野田首相のメッセージを代読する仁実夫人=4日、船橋市役所
野田首相のメッセージを代読する仁実夫人=4日、船橋市役所

 野田佳彦首相夫人の仁実(ひとみ)さんが4日、地元船橋市内で開かれた同市国際交流協会設立25周年の記念式典に出席し、「大切なのは市民レベルの草の根交流の厚み。交流を積み重ねれば、国と国との友好関係が損なわれることはない」とする首相メッセージを伝えた。

 冒頭で首相は、米ニューヨークで先月行った領土・領海紛争に関する自身の国連総会演説に触れ、「日本は国際法にのっとり、冷静かつ平和的に解決することを最重要視している」との考えをあらためて強調した。