衆院選へ結束呼び掛け 生活の小沢代表

  • LINEで送る

あいさつする国民の生活が第一の小沢一郎代表=1日、一宮町の旅館
あいさつする国民の生活が第一の小沢一郎代表=1日、一宮町の旅館

 国民の生活が第一の小沢一郎代表が1日、一宮町で開かれた県内所属議員の後援会会合に出席し、「選挙が終わったからといって約束したことを忘れてしまったら政治家として失格」と野田政権の消費増税をあらためて批判した。新党結成以降、小沢代表が県内であいさつするのは初めて。

 小沢代表は「私は民主党の成功を野田(首相)よりも誰よりも願っていたが、民主党は変質した」と突き放し、「マニフェスト(政権公約)を選挙の道具として使うのは本当の民主主義ではない」と強調した。