我孫子・印西で説明会 関係5市長きょう会談 焼却灰問題

 高濃度の放射性物質を含む焼却灰の一部保管場所が我孫子市と印西市にまたがる手賀沼終末処理場に決まった問題で、県は12日、両市の地元住民を対象とした説明会を開催すると発表した。印西市は15日、我孫子市は18日にそれぞれ行われる。

 保管場所の決定後、初の住民説明会となるが、対象は地元住民や近隣農家に限定され、一般には非公開。県資源循環推進課は「会場の設定など協力してくれた市と地元住民などから(非公開の)要望があった」としている。

 一時保管場所をめぐっては、森田健作知事が6月18日に手賀沼終末処理場とすることを決定したが、我孫子、印西両市が反発している。


  • LINEで送る