【新型コロナ詳報】千葉県内449人感染 船橋や八街でクラスター 死者はなし

 千葉県内で18日、449人の新型コロナウイルス感染が新たに判明した。前週の土曜日(411人)から38人増え、一日の感染者数としては2日ぶりに前週の同じ曜日を上回った。県内での累計感染者は45万7756人になった。死者の発表はなかった。八街市と船橋市の施設で新規クラスター(感染者集団)が確認された。

 県は304人の感染を発表した。年齢層別では、10代の61人が最多で、57人の20代、30代の49人が続いた。八街市内の「南八街病院」で職員5人、入院患者16人の計21人の感染が分かり、新たなクラスターとなった。

 船橋市は45人の感染を発表した。年齢層別では、30代が13人で最多。次いで10代の8人、40代の6人。高齢者施設「コミュニティホームみさき」で職員3人、入居者5人の計8人が感染が判明し、クラスターとなった。

 千葉市は79人、柏市は21人の感染を発表。いずれも死者と新規クラスターの発表はなかった。

 18日に感染が判明した人の居住地は、千葉市78人▽船橋市49人▽習志野市36人▽市川市31人▽八千代市23人▽松戸市20人▽流山市19人▽浦安市18人▽柏市15人▽佐倉市、成田市が各12人▽市原市、我孫子市、野田市が各11人▽印西市、白井市が各9人▽館山市、旭市が各7人▽酒々井町6人▽四街道市、富里市、山武市、富津市が各5人▽木更津市、銚子市が各4人▽八街市、茂原市、東庄町、一宮町が各3人▽鎌ケ谷市、袖ケ浦市、香取市、東金市、いすみ市、勝浦市、横芝光町、多古町、神崎町が各2人▽君津市、大網白里市、南房総市、匝瑳市、栄町、九十九里町が各1人▽県外1人だった。


  • LINEで送る