【新型コロナ詳報】千葉県内945人感染 2日連続900人超 中学校や陸自駐屯地でクラスター 死亡発表の女性オミクロンと判明

 千葉県内で15日、945人の新型コロナウイルス感染が新たに判明した。一日の感染者数が900人を上回るのは2日連続。千葉市や船橋市ではクラスター(感染者集団)が発生した。また、13日に死亡が発表されていた県内居住の90代以上の女性は、オミクロン株感染者であったことが判明。ゲノム解析で確定したと県が発表した。オミクロン株感染者の死亡が確認されたのは県内で初。県によると、直接的な死因はコロナとは別の傷病によるものという。

 県は、10歳未満から90代以上の計577人の感染を発表した。

 千葉市は、10歳未満から80代の男女計204人の感染を発表した。同市の感染者が200人を超えるのは昨年8月30日以来。緑区の市立中学校では、職員1人と生徒12人が感染し、感染判明済みの13人と合わせて計26人のクラスターとなった。

 船橋市は117人の感染を発表した。新規感染者が100人以上になるのは昨年9月4日以来。70代女性の症状がやや重い。

 同市の陸上自衛隊習志野駐屯地では隊員16人の感染が分かり、新たなクラスターとなった。うち14人は同じ寮で生活していた。クラスターが発生していた市立船橋高校(同市)では、生徒1人が新たに感染した。

 柏市は、新たに10歳未満から70代の男女計47人の感染を発表。60代と40代の男性計2人の症状がやや重い。クラスターが発生していた市立柏高校(同市)の二つの運動系部活動では、新たに生徒4人の感染が判明した。

 15日に県内で感染が判明した人の居住地は、千葉市184人▽船橋市95人▽市川市94人▽松戸市と市原市が各54人▽柏市47人▽習志野市38人▽木更津市34人▽大網白里市29人▽成田市28人▽流山市26人▽八千代市25人▽君津市24人▽我孫子市18人▽袖ケ浦市、茂原市、東金市が各17人▽浦安市13人▽旭市12人▽鎌ケ谷市11人▽野田市10人▽四街道市と富津市が各9人▽富里市8人▽山武市と館山市が各7人▽銚子市と鴨川市が各5人▽長生村4人▽佐倉市、酒々井町、白子町が各3人▽南房総市、多古町、長柄町が各2人▽印西市、八街市、匝瑳市、栄町、鋸南町、神崎町、一宮町、睦沢町が各1人▽県外17人▽海外4人だった。


  • LINEで送る