千葉県内で一番寒い時期・地域は? 過去30年のデータから見る気温

千葉県内で一番寒い時期と地域は? 過去30年のデータから見る気温
千葉県内で一番寒い時期と地域は? 過去30年のデータから見る気温

 千葉県内に久しぶりの大雪が降り、一夜明けた7日も肌を刺すような寒さに耐えながら通勤・通学した方も多いことでしょう。千葉日報社本社のある千葉市中央区も雪が残り、凍えるような寒さ。そんな中で気になったのが、県内で一番寒い時期はいつ?そして、最も寒い地域はどこ?過去の気象データから調べてみました。(デジタル編集部)

 気象庁がまとめている1991年から2020年の30年間のデータによると、県内で最も寒いのは1月でした。
 「千葉」の気温を見ると、平均気温、最高気温、最低気温の全てにおいて1月が最も低い(気象庁ホームページより)
 記者の考えでは、なんとなく雪が降るイメージのある2月が一番寒いのかなと思っていましたが…。千葉市の最低気温をみると、1月が2・4度、2月が2・8度。ほかの調査地点も、軒並み1月の方が低いです。

 それでは、県内でどこが一番寒いのでしょうか?調査地点15カ所の数値(いずれも1月)を調べてみました。
 赤と緑の箇所が気温の調査地点(気象庁ホームページより)
◆一番寒いのは成田
 県内各地の最低気温
 その結果、最低気温が最も低い地域は成田で、マイナス2・2度でした。

 北総台地の中央にある成田は、寒暖差が大きい「内陸性気候」であることが特徴。海から離れ、気温の上下を緩衝する水辺が少ないなどの理由から、寒さが厳しいとみられます。

 続いて、香取がマイナス2度。以下、佐倉マイナス1・8度、我孫子と坂畑(君津市)が各マイナス1・7度の順。総じて北総地域が寒いのが分かります。
 県内各地の平均気温
 なお、平均気温でみると、最も低いのが我孫子の3・3度。次いで香取と坂畑が各3・5度。以下、佐倉3・7度、成田3・9度の順。順位の上下はありますが、総じて北総地域が寒いという傾向は変わらないようです。

◆北総でも暖かい銚子

 ただ、北総と言っても銚子は別。最低気温が2・9度と、勝浦と並んで県内で最も高い気温。平均気温も6・6度と、最も高い勝浦(6・8度)に次いで2番目に暖かいです。

 同じ北総地域なのに、なぜ成田と銚子はこれほどまでに差があるのでしょう? 太平洋に面した銚子は、南からの黒潮が沖合を流れる影響で暖かいと言われます。
 千葉と木更津の気温比較(1月)
 また、千葉の方が南にある木更津より暖かいのも意外でした。都市化が進んでいる影響とみられます。

 以上、過去のデータから、県内は今が最も寒い時期であることがわかりました。来月にはやや寒さが和らぐでしょうから、もうしばらくの辛抱です。


  • LINEで送る