花見川団地まるごとリノベ 商店街、共有部でイベント 若い世代照準活性化へ 無印良品×UR

花見川団地の商店街で10月30日に行われたイベントの様子。無印良品のポップアップストアやワークショップなどでにぎわった(UR都市機構提供)
花見川団地の商店街で10月30日に行われたイベントの様子。無印良品のポップアップストアやワークショップなどでにぎわった(UR都市機構提供)
花見川団地でリノベーションされた一室(UR都市機構提供)
花見川団地でリノベーションされた一室(UR都市機構提供)

 UR都市機構と生活用品ブランド「無印良品」の住空間事業を担う「MUJI HOUSE」は、千葉市花見川区の花見川団地で全国で初めて「団地まるごとリノベーション」の取り組みを始めている。若い世代に人気のある無印良品のモダンなセンスを生かし団地の住宅部分を改修するだけでなく、共有スペースや商店街などの活性化にもてこ入れ。高齢化が進む団地に若い世代を取り込み、地域全体を活性化しようと模索している。

 同団地は1968年9月に入居開始。住宅5742戸のほか、敷地内には24時間営業の ・・・

【残り 813文字】



  • LINEで送る