空気銃で猫を撃ち殺傷 、懲役1年6月求刑 被告「弱いものいじめたかった」 千葉地裁初公判

千葉地裁
千葉地裁

 八千代市などで猫を空気銃で撃って殺傷したとして、銃刀法違反と動物愛護法違反の罪に問われた千葉市若葉区の倉庫作業員、平田雄一郎被告(49)の初公判が26日、千葉地裁(岡部豪裁判長)であり、被告は「間違いない」と起訴内容を認めた。検察側は「動物の生命を軽視する身勝手な犯行」として懲役1年6月を求刑、弁護側は執行猶予付き判決を求め即日結審した。

 被告人質問で、被告は虐待の理由について「猫に餌やりをしていた際に注意されて腹が立ち、猫に当たってしまったことがきっかけ」と説明。「空気銃で撃ったときの高揚感が忘れられず、止めようと思ったが止められなかった。弱いものをいじめたかった」と供述した。これまでに80~100匹の猫を狙い、捕まえた猫には湯をかけていたという。自宅などからは捕獲器が押収されている。

 検察側は論告で「危険で悪質な犯行。再犯の恐れがある」と主張。弁護側は「昔から繰り返していたわけではない。今後銃を所持するつもりはなく、再犯可能性が低い」と情状酌量を求めた。

 起訴状によると、2018年11月から昨年12月までの間、八千代市勝田台の駐車場付近や千葉市中央区の千葉ポートパークなど計5カ所で猫6匹を空気銃で撃ち、2匹を殺し4匹に大腿(だいたい)骨粉砕骨折などのけがを負わせたとされる。


  • LINEで送る