【新型コロナ詳報】千葉県内83人感染 3カ月ぶりに90人下回る 県「気緩めず対策徹底を」

 千葉県内で27日、83人の新型コロナウイルス感染が判明した。一日の感染判明数が90人を下回るのは6月22日以来で約3カ月ぶり。県内での累計感染者数は9万9323人に増えた。死者や新規クラスター(感染者集団)の発表はなかった。県疾病対策課の担当者は「感染者は減少しているが、気を緩めず3密回避やマスク着用など引き続き基本的な感染対策を徹底してほしい」と呼び掛けている。

 県は、10歳未満から80代の55人の感染を発表した。千葉市は、10歳未満から70代の19人の感染を発表、いずれも軽症か無症状だった。柏市は、10歳未満から50代の6人の感染を発表した。

 船橋市は、20代~50代の3人の感染を発表した。3人とも軽症だが、いずれも感染経路は不明。同市の新規感染者が5人を下回るのは6月21日以来で、約3カ月ぶり。同市の変異株独自検査は、対象となった1人が陽性で、デルタ株の可能性がある変異だった。

 27日に県内で感染が判明した人の居住地は、千葉市18人▽市川市9人▽船橋市8人▽松戸市6人▽柏市と流山市が各5人▽成田市4人▽習志野市、印西市、富里市、君津市が各3人▽八千代市、鎌ケ谷市、八街市が各2人▽我孫子市、野田市、木更津市、袖ケ浦市、東金市、旭市、横芝光町、鴨川市が各1人▽県外2人だった。


  • LINEで送る