【新型コロナ詳報】千葉県内3人死亡、164人感染 2病院でクラスター

 千葉県内で3日、新型コロナウイルスに感染した男性3人の死亡と、10歳未満から90代以上の164人の感染が判明した。一日の感染判明数が160人を超えたのは2月21日以来10日ぶり。浦安と山武市の病院でクラスター(感染者集団)が確認された。県内の死者は464人、累計感染者は2万6773人に増えた。

 県は県内居住の80代男性の死亡と、114人の感染を発表。男性は2月下旬に発熱し、入院先の県内病院で1日に死亡した。同居家族の感染が判明していた。

 浦安市の順天堂大学医学部付属浦安病院では12人(入院患者8人、看護師4人)のクラスターが発生。1月に続き2回目のクラスター確認で、今回は別病棟で発生した。山武市のさんむ医療センターでは25人(入院患者13人、看護師など職員12人)のクラスターが発生した。

 船橋市は、市内居住の80代男性の死亡と、10歳未満から90代まで32人の新規感染を発表した。

 千葉市は、市内居住の50代男性の死亡と11人の新規感染を発表。男性はクラスターが起きた市内の医療機関で入院中に感染が分かった。柏市は、市内居住の7人の感染を発表した。

 3日に県内で感染が確認された人の居住地は▽船橋市32人▽四街道市14人▽千葉市、市川市、山武市が各12人▽松戸市11人▽東金市9人▽柏市8人▽習志野市6人▽市原市5人▽八千代市、佐倉市、鎌ケ谷市、富里市が各4人▽八街市3人▽木更津市、印西市、白井市、栄町、九十九里町が各2人▽浦安市、流山市、野田市、成田市、茂原市、大網白里市、館山市、南房総市、旭市、横芝光町が各1人▽県外4人だった。


  • LINEで送る