【新型コロナワクチン】円滑接種へ初の訓練 浦安市 100人参加、課題は「予診」

 浦安市は17日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの市民への接種を円滑に進めるため、日の出公民館で集団接種の訓練を実施した。受け付けから接種後の体調観察までの流れや、副反応が出た際の対応手順を確認。体調を確認する医師の予診に想定以上の時間がかかるなどの課題が判明した。同市によると、市民向け接種の訓練をするのは県内で初めて。

 同市は集団接種会場に公民館などを想定しており、日の出公民館もその一つ。訓練は同公民館2階の体育館を会場に、医療関係者や市職員ら約100人が参加して、全体的な流れを確認して課題を洗い出した。

 体育館のフロアをついたてで仕切り、予診や接種、待機場所などを2レーン設けた。同市は ・・・

【残り 577文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る