【独自】甲子園V元主将が控訴 八街の強盗致傷事件 懲役5年の判決不服

 2019年4月に八街市内の住宅で20代の男4人が押し入り夫婦にけがを負わせた事件で、強盗致傷などの罪に問われ、千葉地裁の裁判員裁判で懲役5年の実刑判決を受けた埼玉・花咲徳栄高野球部の元主将、千丸剛被告(21)=東京都町田市=について、弁護側が判決を不服として控訴したことが17日、分かった。控訴は同日付。

 公判で弁護側は、千丸被告が友人からの誘いで事情を知らず犯行に加わり、「逃げたら命が狙われる」などと脅されたため実行せざるを得なかったと主張。強盗直前に行われたナンバープレート窃盗については関与を否定していた。

 これに対し、地裁は「金ほしさに犯行に参加した」と主体性を認め、全ての罪で共謀が成立すると認定。役割分担を決めて犯行に及んだ点を挙げ「計画的で悪質」と非難した。求刑は懲役6年だった。

 判決によると、4人は仲間と共謀し19年4月26日午後9時すぎ、当時50代の夫婦が住む八街市の住宅に強盗目的で押し入り、夫の頭をバールで1回殴り、妻の顔に粘着テープを巻き付けるなどの暴行を加え、2人にけがを負わせるなどした。千丸被告は同校が17年夏の甲子園で優勝した時の主将。


  • LINEで送る