【新型コロナ詳報】千葉県内9人死亡、145人感染 病院や高齢者施設でクラスター

 千葉県内で16日、新型コロナウイルスに感染した9人の死亡と、10歳未満から90代以上の145人の感染が判明した。県内の累計死者は360人、感染者は2万4865人になった。病院や高齢者施設など、新たに3件のクラスター(感染者集団)が確認された。

 県は、性別、年代など非公表の患者4人と80代の女性1人の死亡を発表した。死亡した5人のうち、少なくとも4人に基礎疾患があった。

 このほか、県は97人の感染を発表。流山市の住宅型有料老人ホーム「クラシックレジデンス江戸川台」で計16人、佐倉市のサービス付き高齢者住宅「ういず・ユーホープリビング佐倉志津」と併設の小規模多機能型居宅介護施設「ういず・ユー志津ホーム」で計26人のクラスターが発生した。

 千葉市は、4人の死亡と27人の感染を発表した。

 死亡したのは、市内医療機関などで入院していた70代~80代の男女。そのうち市内居住の80代男性はクラスターが発生した施設に関係し、酸素投与などの治療を受けていた。死因は新型コロナで、15日に亡くなった。

 中央区の三愛記念病院では同じ病棟の職員2人と入院患者1人の感染が分かり、新たにクラスターが確認された。入院患者は90代男性で酸素投与が必要な中等症。同病院の感染者は計9人になった。

 船橋市は、17人の感染を発表。感染経路不明者が12人を占めた。一方、3人は家庭内、2人は通勤・通学先での感染とみられる。

 柏市は、市内居住の4人の感染を発表。クラスターが発生した市内の介護老人保健施設「さかき光陽」で新たに入所者の80代女性1人の感染が分かり、同施設の感染者は43人になった。

 16日に県内で感染が確認された人の居住地は▽佐倉市28人▽千葉市23人▽船橋市17人▽市川市14人▽流山市13人▽松戸市10人▽八街市6人▽柏市5人▽習志野市、鎌ケ谷市が各4人▽四街道市3人▽八千代市、我孫子市、白井市、東金市、大網白里市、富津市が各2人▽市原市、浦安市、木更津市、富里市、芝山町が各1人▽県外が1人だった。


  • LINEで送る