【新型コロナ詳報】千葉県内2人死亡、117人感染 6日連続200人を下回る

 千葉県で12日、新型コロナウイルスに感染し入院していた80代2人の死亡と117人の感染が判明した。1日としての感染者は、7日以来6日連続で200人を下回っている。富里市の高齢者施設では新たなクラスター(感染者集団)が発生した。

 死亡した居住地非公表の80代男性は、循環器系の基礎疾患があった。1月中旬の発症時は倦怠(けんたい)感や発熱などの軽症で、下旬に症状が悪化し酸素投与を受けていた。千葉市の80代女性はICU(集中治療室)で治療を受けていたが、10日に死亡した。

 入居者1人の感染が判明していたサービス付き高齢者住宅「リハビリケアタウン日吉台」(富里市日吉台)では、新たに介護職員と入居者計11人の感染が分かりクラスターと認定された。同住宅は個室制だが、共用で食堂を利用していたという。対象者全員の検査が済んでおり、健康観察を進める。

 クラスターが発生している3病院と高齢者施設でも新たに感染者が増えた。船橋北病院(船橋市金堀町)では入院患者2人と看護職員1人の感染が分かり、計44人となった。

 12日に県内で感染が確認された人の居住地は、▽千葉市24人▽船橋市18人▽成田市11人▽富里市10人▽松戸市9人▽市川市8人▽八千代市、市原市、流山市が各4人▽柏市3人▽我孫子市、鎌ケ谷市、野田市、山武市、富津市が各2人▽浦安市、習志野市、佐倉市、八街市、君津市、酒々井町、栄町、芝山町が各1人▽県外3人、非公表が1人だった。


  • LINEで送る