【新型コロナ詳報】千葉県内、最多16人死亡 145人感染 保育園や病院で新たなクラスター

千葉日報社
千葉日報社

 千葉県内で10日、新型コロナウイルス患者16人の死亡と、145人の感染が判明した。一日の死者判明数としては2日の14人を超え過去最多を更新した。保育園や病院で計3件の新規クラスター(感染者集団)が確認された。県内の死者は320人、累計感染者は2万4134人に増えた。

 県は12人の死亡を発表。年代を公表した死者の年齢層は50代~90代以上で、呼吸器系や生活習慣病などの基礎疾患があった。県疾病対策課は「特に高齢者はリスクが高い。外出を自粛し、接触機会を減らすよう注意してほしい」と改めて呼び掛けた。

 県は他に101人の感染を発表。八千代市の「第二勝田保育園」で計6人、酒々井町の「昭苑こども園」で計11人、松戸市の「新松戸中央総合病院」で計9人のクラスターが発生した。

 船橋市は、入院中だった80代男性、90代男性、70代男性ら市内居住者4人の死亡を発表した。1人は年齢・性別非公表。4人とも同ウイルスによる急性呼吸器疾患が主な死因で、8日と9日に亡くなった。

 同市は、10歳未満から70代までの22人の新規感染も発表。うち1人はクラスターが発生している市内の船橋北病院の入院患者。同病院の感染は41人になった。

 千葉市は、16人の感染を発表した。このうちの1人は、既に59人が感染している市内の介護老人保健施設の入所者。一度陰性になったが、その後、症状が出て検査したところ陽性となった。

 柏市は、6人の感染を発表した。クラスターが発生した市内の北柏リハビリ総合病院で新たに50代の看護職員の女性の感染が判明。同病院の感染者は18人になった。

 10日に県内で感染が確認された人の居住地は▽船橋市24人▽千葉市16人▽市川市15人▽松戸市と八千代市が各11人▽我孫子市と八街市が各8人▽酒々井町7人▽印西市6人▽柏市、市原市、成田市が各5人▽流山市と鎌ケ谷市が各4人▽野田市と木更津市が各2人▽浦安市、佐倉市、白井市、富里市、袖ケ浦市、茂原市、山武市、大網白里市、大多喜町、長生村が各1人▽県外1人▽海外1人だった。


  • LINEで送る