2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ詳報】千葉県内79人判明、最多に次ぐ感染者数 市川の特養クラスター計22人 長生村で初の判明

千葉県庁
千葉県庁

 千葉県内で17日、新たに79人の新型コロナウイルス感染が判明した。一日の新規感染者数としては、14日の88人に次いで2番目の多さ。累計では5937人となった。

 県はクラスター(感染者集団)が発生している市川市内の特別養護老人ホーム「親愛の丘市川」で新たに70~90代以上の入所者3人が感染したと発表した。感染者は入所者19人と職員3人の計22人に増えた。

 ◆我孫子高を休校

 県によると、市川の特養で感染が分かった3人は、いずれも1階の入所者で軽症。

 県教委によると、県立我孫子高校(我孫子市)では男子生徒2人の感染が判明。同日から臨時休校として、同級生や同じ部活の生徒57人を検査している。いずれも感染経路は不明。

 県は52人分を発表。市川市の60代男性医師は県内診療所で14日まで勤務。東京都の50代男性医師は県内の病院に16日まで勤務していた。長生村で初の感染者となった40代会社員男性は都内の職場に勤めている。

 市川市の30代アルバイト女性は職場の県内工場で接触した同僚の感染が判明済み。

 ◆家族5人全員感染

 柏市は17日、10歳未満~60代の17人の感染を発表した。内訳は市内居住15人、流山市居住2人。

 市によると、40代会社員男性と県内の高校に通う男子生徒は親子で、すでに同居家族3人の感染が判明済み。当初は陰性だったが、発熱などの症状が出たり再検査で陽性が判明したりし家族全5人が感染した。

 30代無職女性と10代未満の女児は親子で父親の感染が判明済み。30代の飲食業男性は職場の同僚、50代のパート女性は夫、別の10歳未満の女児は父親の感染がそれぞれ分かっている。残り10人の感染経路は不明。

 また、市は市立逆井小こどもルームに勤務する50代の女性職員1人=同市=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。最終勤務日は14日。市保健所の調査で入所児童や職員に濃厚接触者はいないと判断されたため臨時休所はしない。

 ◆千葉市は男性2人

 千葉市は17日、市内居住で60代と50代の男性2人の新型コロナ感染を発表した。2人とも感染経路不明。

 市によると、60代の会社員は都内勤務。6日に発熱などがあり検査で一度陰性とされたが、再び発熱したため再検査したところ、陽性が判明した。発熱やせきが続いており、入院して酸素の投与を受けている。

 50代の自営業は軽症。12日に発熱などの症状が出た。

 ◆医療事務の女性も

 船橋市は17日、市内居住者7人を含む8人の新型コロナウイルス感染を発表した。6人が軽症で、2人は無症状。

 市保健所によると、少なくとも3人の感染経路が不明。うち20代女性は県内で医療事務に従事している。

 8人の年齢層は、2人が同意が得られないとして非公表。他は20代~80代。

 ◆20、30代が最多15人

 17日に千葉県内で感染が確認された人の年齢層は、20代と30代が各15人で最多。40代が12人と続く。50代は9人、60代は8人、10代は5人、10歳未満が4人、70代と80代と90代が各3人。非公表は2人だった。

 居住地別では▽柏市16人▽松戸市13人▽市川市11人▽習志野市8人▽船橋市7人▽流山市5人▽我孫子市4人▽千葉市、市原市、鎌ケ谷市が各2人▽浦安市、野田市、木更津市、八街市、君津市、長生村が各1人▽県外3人だった。


  • LINEで送る