2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

スポーツ自転車同士が衝突 転倒男性、頭など打ち死亡 千葉市花見川のサイクリングコース

 千葉市花見川区犢橋町の花見川沿いのサイクリングコースで18日午後1時45分ごろ、習志野市津田沼1の建設業、兼行建一さん(66)が乗っていた自転車と同区の男性会社員(40)の自転車がすれ違いざまに衝突した。兼行さんは転倒して頭などを打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。千葉北署で詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、自転車の右ハンドル同士がぶつかり、2人とも進行方向の左側に倒れた。兼行さんが歩行者をよけた後に接触したとみられる。兼行さんはヘルメットをかぶっていなかったという。

 男性会社員も転倒したが、けがはなかった。自転車はいずれもスポーツタイプだった。目撃者が110番通報した。現場は見通しの良い幅員2・9メートルの直線。

 同署の担当者は「スピードを出しすぎず、ヘルメットをかぶって自転車に乗って。歩行者にも注意して運転してほしい」と呼び掛けた。


  • LINEで送る