2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

飲酒車両、ワゴン車に衝突 投げ出された女性ら6人死傷 成田署、容疑の64歳男逮捕

衝突の衝撃でワゴン車の左側のドアや窓ガラスが壊れ、女性が車外に投げ出された
衝突の衝撃でワゴン車の左側のドアや窓ガラスが壊れ、女性が車外に投げ出された
大破した石井容疑者の乗用車=12日、成田署
大破した石井容疑者の乗用車=12日、成田署

 成田市青山の県道で11日午後5時ごろ、乗用車が対向車線にはみ出し、4~9歳の4人を含む6人が乗ったワゴン車と衝突した。ワゴン車の後部座席にいた同市橋賀台1、会社員、橋本真衣子さん(44)が車外に投げ出され、頭などを強く打って搬送先の病院で死亡が確認された。ワゴン車に乗っていたほかの5人も頭などにけがを負った。

 成田署は、呼気からアルコールが検知されたことから、乗用車を運転していた同市多良貝、自称建設業、石井一雄容疑者(64)を自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の疑いで逮捕した。容疑者も頭などを打ち救急搬送されたが軽傷。「酒を飲んで車を運転した」と容疑を認めているという。

 同署によると、ワゴン車の6人は友人同士の2家族で現場近くにある観光牧場「成田ゆめ牧場」に遊びに行った帰りだった。車は、友人家族の男性会社員(45)が運転。後部座席には橋本さんと9歳、4歳の息子のほか、男性の息子(8)と娘(4)が座っていたという。


  • LINEで送る