2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

<新型コロナ11日詳報>千葉県で1人死亡、43人感染 千葉市の特養と民間企業でクラスター

 千葉県内で11日、43人の新型コロナウイルス感染が判明した。千葉市では特別養護老人ホームと民間企業の2カ所で、新たな感染者集団(クラスター)が発生。新型コロナに感染し入院中だった市原市居住の80代女性1人の死亡も分かった。

 千葉市は11日、千葉市若葉区内の特別養護老人ホーム「更科ホーム」と、同市中央区内の民間企業1社(会社名非公表)で、それぞれ新型コロナウイルスのクラスターが発生したと発表した。

 市によると、職員1人と利用者2人の感染が判明していた「更科ホーム」では、新たに80代以上の入居者男女4人と40代女性介護職員1人の計5人の感染が分かった。判明済みの3人と合わせて計8人のクラスターになった。症状の重い人はいない。

 感染が分かった入居者4人のうち2人は無症状。発熱があった2人も今は無症状。同施設は10日3日以降、ショートステイの新規受け入れを停止している。市保健所は残りの入居者の検査を進めている。

 一方、同市中央区内の民間企業では、7日に感染が判明した20代男性会社員の濃厚接触者として同僚の従業員14人を検査した結果、20代と30代の男性従業員11人の感染が分かり、計12人のクラスターになった。

 いずれも軽症か無症状。全ての従業員が千葉市中央区内の社員寮で集団生活をしており、市は寮生活から感染が広まったとみている。従業員は営業の業務をしていたが、市は営業先に濃厚接触者はいないとしている。市は濃厚接触者が把握できていることや同企業の了承が得られていないことを理由に会社名を公表しなかった。

 千葉市はクラスター関係以外で、市内居住の10歳未満~70代の男女6人の感染判明も発表した。
 市によると、40代と70代の自営業男性2人の感染経路が不明で、ともに9月28日に発熱の症状が出た。他の4人は、それぞれの家族の感染が判明済み。

 11日は千葉市として計22人の新規感染判明を発表し、これまでで最も多くなった。

◆入院から5日で死亡

 県は、市原市居住の80代女性の死亡を発表。女性は9月30日に37・4度の発熱があったが、その際はPCR検査で新型コロナ陰性。その後も熱が続いたため10月6日に再検査して陽性が確認された。酸素吸入器が必要で肺炎の症状があり、同日県内の医療機関に入院。アビガンの投与を受けたが症状が改善せず、11日未明に亡くなった。持病があったという。

 女性は県内の介護施設を利用しており、これまでに介護職員1人と他の利用者2人の感染が判明している。

◆柏市職員が感染

 柏市は、市土木部道路整備課に勤務する20代の男性職員と、市内の80代女性の感染を発表した。いずれも軽症で、感染経路は不明。

 市によると、市職員の男性は7日夜に発熱し、9日に市内の病院を受診。抗原検査とPCR検査で陽性と確認された。8日から出勤していない。同じ課の職員のうち7人が接触者としてPCR検査を受け、全員陰性だった。

 男性は市内から電車で通勤。窓口対応もしていたが、飛まつ対策を行っていたため来庁者に濃厚接触者はいないという。市は9日に男性の執務室内を消毒済みで、庁舎や窓口は閉鎖しない。

 80代の女性は、7日に37・5度の発熱とだるさがみられ、9日に市内のクリニックを受診した。

◆30代男性が肺炎

 県が発表した新規感染者のうち、松戸市の50代会社員男性と同市の30代会社員男性の2人にやや重い症状がみられる。50代男性は9日に悪寒を感じ、10日に喉の痛みと発熱で医療機関を受診。30代男性は8日に喉の痛みや発熱があり、9日に肺炎が確認された。いずれも感染経路が不明。

◆船橋市は2人発表

 船橋市は、市内居住の20代男性会社員と30代無職女性の感染を発表した。

 市によると、男性は感染経路が不明で、4日から喉の痛みが出た。5日まで出勤し、打ち合わせなどを行っており、濃厚接触者を調べる。女性は、接触相手の陽性が判明済み。

◆家族間拡大も目立つ

 県によると、大網白里市の60代女性と30代女性の親子が感染。同居家族が感染していた。家族の感染を受けて検査した習志野市の40代女性会社員と10歳未満の女児の感染も分かった。市川市内の小学校に通う10代の男児は、父親の感染が判明済み。

◆千葉市居住者で22人

 千葉県内で11日に感染が確認された人の居住地は▽千葉市22人▽松戸市6人▽市川市と船橋市が各3人▽柏市、習志野市、大網白里市が各2人▽四街道市と流山市が各1人▽埼玉県1人-となっている。

 年齢層は20代が16人で最多。次いで30代が8人。40代は4人で、50代と80代が各3人。10歳未満、10代、60代は各2人。70代、90代、100歳以上が各1人。
 
 千葉県内で30人以上の感染が判明するのは6日連続となった。

 43人のうち、少なくとも12人の感染経路が不明。

 千葉県内で確認された感染者は累計4311人に増えた。亡くなったのは73人目。入院中は182人で、うち13人が重症。


  • LINEで送る