2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

男子中学生か、電車にはねられ死亡 流山の踏切 16日にも事故 東武野田線

 9月30日午後4時45分ごろ、流山市東深井にある東武野田線の踏切内で、男性が大宮発柏行き下り電車(6両編成)にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。男性が遮断機を上げて踏切内に入り、立ち止まる姿を電車の運転士が目撃しており、同署は事件性は低いとみて事故原因を調べている。

 同署によると、踏切の外に男子中学生が所有する自転車が残されており、同署は死亡したのが中学生とみて身元確認を進めている。近くをパトロールしていた署員が通報した。電車の乗客にけがはなかった。

 東武鉄道によると、上下23本が運休し、最大1時間37分の遅れが出た。

 同じ踏切では、16日朝にも中学生とみられる男性が線路内に立ち入り死亡する事故が起きていた。


  • LINEで送る