2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【コロナ詳報】千葉県内新たに34人判明 20代最多8人 クラスター発生の飲食店でさらに客1人、入国時陰性の船員らも

 千葉県内で30日、10歳未満から80代までの34人の新型コロナウイルス感染が判明した。少なくとも14人の感染経路が不明。重症者はいないが、船橋市の60代男性に肺炎の症状があり、酸素投与を受けている。
 
 県によると、県内の同じ高齢者施設で、市原市居住の40代介護職員男性1人と、利用者の同市居住80代男性1人の感染が分かり、今後、症状のある入所者5人を含む51人を検査予定。ショートステイ利用者や職員も対象。
 
 同施設では、先に男性職員の感染が判明し、発熱やせきの症状があった利用者男性にも施設が自主的な検査を行った結果、陽性だった。利用者男性はショートステイで継続的に通所していたという。2人とも軽症。感染経路は調査中。
 
◆入国時陰性の船員らも
 
 県が発表した他の新規感染者のうち、海外居住の20代男性会社員は船員。海外から空港を経由して仕事目的で入国し、出国時に検査を受けて陽性と分かった。入国時の検査は陰性で、県内宿泊施設で過ごしていた。

 松戸市の30代男性会社員は、東京都内の建設現場で接触した県外同僚の感染が既に判明。茂原市の50代自営業男性は食事した県内知人の感染が分かっている。

 松戸市の10代女子中学生は先に家族の感染が分かり、24日以降登校しておらず、通学先に濃厚接触者はいないとみられる。

 一方、県教委は30日、県立松戸向陽高校(松戸市)の生徒1人の感染と同日からの臨時休校を発表した。濃厚接触者の陰性確認後に再開する見通し。県教委によると、生徒は28日に家族の陽性が分かり、濃厚接触者として検査を受けた。

◆柏の飲食店さらに客1人  他に市内居住6人も

 柏市は30日、クラスター(感染者集団)が発生している市内の飲食店「タイレストラン純」で新たに客1人の感染を確認したと発表した。相模原市居住の50代女性で軽症。同市から報告があった。同店の感染者は15人に増えた。

 柏市は同店以外の感染者6人も発表した。いずれも柏市内居住で、軽症か無症状。80代の無職女性と30代の無職男性は感染経路が分かっていない。

 この2人以外の40代女性会社員、20代アルバイト女性、20代男性会社員、60代男性公務員の4人はいずれも東京都内勤務で、職場の同僚の感染が判明済み。

◆千葉市、親子ら6人
 
 千葉市は30日、市内居住の10歳未満~40代の男女6人の感染が判明したと発表した。うち3人の感染経路が不明。

 市によると、経路不明3人のうち、40代男性会社員は26日まで県内(市外)の職場に通勤。同日夜から37・6度の熱や味覚障害の症状が出た。9月12~15日と21、25日に県外に出張していた。20代男性会社員は23日まで市内の会社に通勤しており、同日午後に38・6度の熱や関節痛が出た。

 30代無職女性と10代男子中学生は親子で、いずれも今は無症状。既に家族1人の感染が分かっている。

 10歳未満の男子小学生は無症状で、同居家族の感染が判明済み。

◆船橋市は5人発表

 船橋市は30日、市内居住の10代~50代の男女計5人が感染したと発表した。

 市保健所によると、10代男性は27日に発熱、下痢の症状が出て、翌28日に市の相談センターに連絡。検査で感染が判明した。都内との往来があり、マスクを外した会話を伴う飲食もしていた。19日と24日には、接触アプリ「COCOA」で感染者との接触があったと通知を受けていた。

 20代団体職員の女性は、接触相手の感染が分かり、検査を受けた。8、9日に発熱の症状があったが、10日以降平熱に戻っており、通常の生活を送っていたという。感染は判明したが、症状が軽快しているため療養は行わない。

 40代と50代の男性会社員2人は感染経路が不明。
 
◆20代が最多8人
 
 30日に千葉県内で感染が確認された人の居住地は▽柏市、船橋市、千葉市、松戸市が各6人▽市川市と市原市が各2人▽佐倉市、富里市、木更津市、浦安市、茂原市が各1人▽海外1人-となっている。

 年齢層は、20代が8人で最多。次いで30代と40代が各6人、10代が4人。50代、60代、80代は各3人、10歳未満が1人。


  • LINEで送る