2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

爆破予告メール相次ぐ 印西、茂原、流山 職員ら一時避難

 千葉県内の3市(印西、茂原、流山)で23日、学校などを爆破するといった脅迫メールが届いているのが確認された。各市は県警に通報し警戒を強化。爆破予告時刻に合わせて、職員や児童生徒が一時避難する市もあった。

 印西市によると、市内の学校を23日午後0時半に爆破したり、市役所に火薬を積んだトラックを衝突させたりするなどの趣旨のメールが届いた。児童らを誘拐するとも書かれていたという。市内の全小中学校や市役所では、爆破予告時刻に児童生徒、職員らが一時避難した。

 茂原市にも市内の学校などを23日に爆破するといった内容のメールが送られてきた。市は23日正午~午後2時まで市役所を臨時閉庁し、児童生徒を一時避難させるなどの対応を取った。

 流山市によると、小中学校や市役所を爆破するといった脅迫メールが2通届いた。1通目は「23日12時30分より、学校と市役所を爆破する。児童生徒を数名誘拐する。いやなら指定アドレスに25ビットコインを振り込め」、2通目は「振り込みがないので学校を爆破する。多数の死者が出る」との内容だった。


  • LINEで送る