2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】市原の工場で5人のクラスター 同じ部屋で休憩

 千葉県内で18日、40人の新型コロナウイルス感染と、感染者1人の死亡が判明した。

 市原市内の工場では、工事作業員5人のクラスター(感染者集団)が発生。県によると、複数の会社に属する計約300人が工場内でプラント建設に従事しており、5人は4カ所ある休憩室のうち同じ部屋で休憩していた。同室の53人が検査対象となり、44人の検査を終えた。

 休憩室内は仕切りがあり、各作業員に消毒スプレーを配布していたが、検温は行っておらず、マスクは着用していなかった。

 死者1人は柏市が発表した。入院中の17日に亡くなったが、遺族の意向で性別や年齢層、持病の有無、クラスター関係の患者かどうかの情報は非公表。


  • LINEで送る