2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【速報】千葉県内30人感染 千葉市の接待店でクラスター 従業員男女9人判明 客にも相談呼び掛ける

 千葉県内で15日、10代~90代の30人の新型コロナウイルス感染が判明した。千葉市が、千葉市中央区富士見の接待を伴う飲食店「CLUB DIDA」で従業員のクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。新たに10代~40代の従業員男女7人の感染が分かり、感染判明済みの従業員2人と合わせ、同店の感染者は計9人になった。店は11日から休業している。

 千葉市によると、11日に20代男性従業員の感染が最初に確認され、各従業員のPCR検査を行っていた。従業員は男女約40人。これまでに検査結果が判明した34人中9人が陽性で、市保健所は残りの従業員の検査を進めている。市は客の調査も進めており、4~10日に同店を利用し、発熱などの症状が出た客に向け、相談を呼び掛けている。

 15日に感染を発表した同店従業員7人のうち6人は軽症、1人が無症状。市内でのクラスターは6件目、接待を伴う店では3件目。
 
◆20代が最多13人
 
 15日に県内全体で感染が判明した人の年齢層は、20代が13人で最も多い。次いで10代5人、50代4人、40代3人。30代と60代は各2人で、90代が1人。

 居住地は▽千葉市9人▽市原市5人▽柏市3人▽市川市2人と佐倉市が各2人▽印西市、いすみ市、船橋市、松戸市、浦安市、鎌ケ谷市、習志野市、野田市、袖ケ浦市が各1人-となっている。

 30人のうち、感染経路不明は少なくとも13人。


  • LINEで送る