2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】保育園、飲食店でクラスター 千葉県内41人感染、9日連続40人超

 千葉県内で10日、41人の新型コロナウイルス感染が判明し、新たに2カ所でクラスター(感染者集団)が発生した。

 船橋市は乳児から60代までの男女計15人の感染を発表した。新たなクラスターと認定された市内の私立認可保育所「西船みどり保育園」では、5日に市外居住の保育士の感染が判明し、濃厚接触者として児童18人と職員6人のPCR検査を実施。すでに感染が判明していた児童2人に加え、9日新たに6人の感染が分かった。児童のうち3人が軽症で、その他は無症状。

 同園は0~6歳児を受け入れており、在籍児童数は71人。市は今後、残り全ての児童と職員の検査を行う。

▼千葉市、夜の店2例目

 千葉市は10日、新たに20~60代の男女計8人(流山市居住の1人を含む)の感染を発表した。いずれも軽症。

 うち3人が、新たにクラスターと認定された中央区の接待を伴う飲食店の20代の男性従業員2人と客の流山市の20代女性。従業員1人は発熱などの症状はなかった。

 店では1日以降、男性従業員3人と女性客1人の感染が判明。7月31日から休業している。市内4例目、接待を伴う夜の店では2例目のクラスターと判断された。市は、店の利用客名簿から濃厚接触者を追跡でき、店側も望んでいないとして店名を公表していない。

 利用客名簿を元に同25日からの客20人程度のPCR検査を随時行っている。今回発表分を含め、客4人が検査して2人が陽性。従業員は全15人が検査を受け感染は5人になった。

 店の関係以外では5人の感染が判明。自営業の60代男性は、感染が分かっている同居家族2人の濃厚接触者。30代の男性会社員は勤務先の同僚が、20代の男子大学生は両親が感染していた。都内へ通勤する20代の女性会社員と、7月末まで都内で勤務していた無職の20代男性の感染経路は不明。

▼野球部員の同級生も

 県は10歳未満~80代の男女計18人の感染を発表。7人が感染経路不明で、うち6人は都内との往来があった。

 県によると、流山市の60代女性と、佐倉市の10歳未満の女児は感染が判明している同居家族との接触があり、家庭内感染とみられている。野田市の80代女性は感染経路不明で、今後は入所する県内高齢者施設の入所者、職員のPCR検査を実施する予定。

 東海大市原望洋高校の男子高校生(市原市在住)は、8日に感染が分かった野球部員の同級生。濃厚接触者とみられる78人のうち唯一陽性と判明した。


  • LINEで送る