2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】10代~70代の男女10人感染 2日連続、県の「休業再要請」目安上回る

 千葉県内で8日、10代~70代の男女10人の新型コロナウイルス感染が判明した。感染経路不明は8人で、東京都内との往来が確認されているのは4人。重症者はおらず、30代以下が7人を占めた。県内で確認された感染者は累計1044人に増えた。3日連続の10人判明となり、県の独自指標は、店舗や施設への「休業再要請」の目安を2日続けて上回ったが、県は再要請に踏み切らない方針。

 県は7人分を発表した。県疾病対策課によると、いずれも軽症。市川市の20代会社員は県外で事務職をしている。2日に味覚、嗅覚の異常が現れ、現在も症状が続いている。6月30日~3日に勤務していた。同居家族2人を検査する。

 同市の自営業男性は県内で飲食業をしている。6日に40度の熱、せき、だるさが出た。現在の症状は38度の熱とだるさ。3~6日に勤務しており、6日は早退した。現状では同居の両親ら3人が検査対象。

 我孫子市の男性会社員は都内勤務。1、3、4日に電車で出勤していた。現在の症状は37・3度の熱と喉の痛み、だるさなど。

 銚子市の会社員は県外で製造業。4~6日に勤務していた。現在は37・9度の熱と喉の痛みがある。

 茂原市の会社員は県内で事務職。6月29、30日、7月1、2日に勤務していた。現在の症状は37・9度の熱とせき、下痢。同居家族2人を検査する。都内へ出張した日があった。

 松戸市のアルバイト男性は5日に38度の熱と嗅覚異常の症状が出て、嗅覚異常が続いている。都内に食事に行っていた。

 我孫子市の女性は6日に米国から帰国していた。

 千葉市は8日、新たに市内居住の10代と70代の女性2人の感染が判明したと発表した。2人とも重症ではないが、入院した。

 市医療政策課によると、10代の無職女性は感染経路が不明。6月29日にだるさなどが出て、7月6日に受診。同居の母と弟は検査で陰性と確認された。さらに濃厚接触者の父と友人1人を検査している。

 70代の無職女性は、6月12日に陽性と判明した患者の同居家族。20日に37度台の熱が出た。ほかに同居の娘と孫2人を検査中。

 船橋市は8日、市内居住で都内の会社に勤務する30代男性1人が感染したと発表した。軽症で、感染経路は不明。

 市保健所によると、男性は6月30日に都内の会社に出勤し、発熱やだるさなどの症状が現れた。自宅療養を続け、6日に病院を受診して翌7日のPCR検査で陽性と判明した。

 男性は6月下旬に都内で同僚と会話しながら飲食していた。軽症者用のホテルで療養している。

 また、県によると、学生計12人の集団感染が判明した北原学院歯科衛生専門学校(松戸市)の濃厚接触者約60人のうち、8日までに約半数の27人を検査し、いずれも陰性と確認した。他自治体に検査を依頼している分も含め、残り約30人の検査を進めている。


  • LINEで送る