2020夏季千葉県高等学校野球大会

歴博、4カ月ぶり再開 万全の対策「安心して」 佐倉

8月末まで会期延長した特集展示「石鹸・化粧品の近現代史」=30日、佐倉市の国立歴史民俗博物館
8月末まで会期延長した特集展示「石鹸・化粧品の近現代史」=30日、佐倉市の国立歴史民俗博物館
新型コロナ感染防止のため利用を休止した展示物
新型コロナ感染防止のため利用を休止した展示物

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で約4カ月休館していた国立歴史民俗博物館(佐倉市)が30日、営業を全面再開した。緊急事態宣言解除から約1カ月、館内の消毒や換気の徹底、タッチパネルや展示物への接触を当面禁止することで、ようやく開館にこぎつけた。

 2月28日から休館していた同館。午前9時半の開館と同時に、再開を待ちわびたマスク姿の歴史ファンらが、サーモグラフィーによる検温を受け手指を消毒して入館した。自転車で訪れた習志野市の会社員、小林拓海さん(23)は「久しぶりの歴博。再開日だと知って来た」とマスク越しに話した。

 再開に合わせ、休館中に会期を終えた特集展示「石鹸・化粧品の近現代史」を8月30日まで延長。日本の美容観や衛生観に影響を与えたせっけんと化粧品の歴史を、明治期や昭和20年代までの商品や広告で紹介している。

 コロナ禍で中止となった国際企画展示「昆布とミヨク-潮香るくらしの日韓比較文化誌」も、歴博公式ユーチューブチャンネルで動画を公開している。

 感染防止策として、チケット売り場までの動線を一方通行とし、売り場には飛沫(ひまつ)を防ぐアクリル板を設置。テーブルや座椅子は間隔を空けた利用を呼び掛け、音声ガイド機器の貸し出しは行わない。

 職員はフェースシールド着用。広報担当者は「ようやく再開できた。万全の対策を取っているので、お客さまには安心してご覧になっていただけると思う」と話した。

 開館時間は午前9時半~午後5時(くらしの植物苑は同4時半まで)。月曜定休。入館人数や滞在時間は制限しないが、混雑時には待機などの対応を取る。学校などの団体客の受け入れは当面見送る。問い合わせはハローダイヤル(電話)050(5541)8600(午前8時~午後10時)。


  • LINEで送る