薬物乱用防止に協力 県警、京成バスに感謝状

感謝状を受ける京成バスの大室健社長=東京都墨田区の同社
感謝状を受ける京成バスの大室健社長=東京都墨田区の同社

 薬物乱用の抑止に貢献したとして、県警はこのほど東京都墨田区の「京成バス」(大室健社長)に感謝状を贈った。規制薬物の乱用防止への取り組みで企業を表彰するのは初めて。

 京成バスは県警などと協力し、昨年6月から県内53路線で森田健作知事の「薬物乱用防止メッセージ」を放送するほか、県内Jリーグチームの選手を起用した啓発ポスターを車内などに掲示してきた。

 同社の加藤浩一総務部長によると、啓発活動に取り組むのは「契約社員が覚せい剤の使用容疑で逮捕されたことを受け、社を挙げて対策を講じていくと決めた」ため。社員に対し年1回以上の尿検査を実施するなど、社内啓発も続けていくという。


  • LINEで送る