塀に衝突、少年死亡 助手席の少年は重体

 19日午前1時20分ごろ、茂原市真名の県道で、同市の土木作業員少年(19)運転の乗用車が民家のブロック塀に衝突し、少年は頭を強く打ち搬送先の病院で死亡した。助手席に乗っていた同僚で、千葉市若葉区の少年(18)も意識不明の重体。

 茂原署によると、現場は片側1車線の直線道路で、車が衝突した塀は進行方向の右側。同署は運転していた少年に過失があった可能性も含め、詳しく事故原因を調べている。


  • LINEで送る