新たに3・42マイクロシーベルト放射線 柏の葉公園

  • LINEで送る

 柏市の「県立柏の葉公園」で国の除染基準(毎時1マイクロシーベルト)を上回る空間放射線量が検出された問題で、県は16日、新たに園内3カ所で最大3・42マイクロシーベルトが検出されたと発表した。県は周辺を立ち入り禁止とするとともに、除染に向けた準備を進める。

 県公園緑地課によると、今月10日に地上50センチの9カ所で1・02~1・42マイクロシーベルトが検出されたのを受け、県は13~16日に新たに46カ所を測定。その結果、園内北側にある第一駐車場の集水ます3カ所で、地上50センチの高さから1・57~3・42、地上1メートルでも1・03~1・79マイクロシーベルトが検出された。

 国は除染の目安として、原則地上1メートル、小学校などでは50センチで毎時1マイクロシーベルト以上の値を提示している。同課は「除染作業を行う資格を持つ業者を急いで探している。見つかり次第、除染を実施したい」としている。