2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

小中学校も休校延長追随相次ぐ 千葉県内 新型コロナ感染拡大

 千葉県立学校の休校が4月末まで延長されたのを受け、6日から再開予定だった市原、木更津など千葉県内各市町の小中学校でもこれに追随する動きが相次いだ。始業式を予定通り行った上で7日から休校する対応が目立った。

 市原市は市立小中学校を4月中を休校とし、始業式や入学式も延期。木更津、君津、富津、袖ケ浦の各市と、多古町、睦沢町も休校を4月末まで延長する。

 習志野市は6日に始業式を行った上で、小中学校のほか市立幼稚園とこども園、市立習志野高校も含め5月6日まで休校する。

 他に5月6日まで休校するのは白井市、八千代市、大網白里市、九十九里町、横芝光町。

 一方、野田市は市内在住者の感染判明などを踏まえ、市立小中学校の休校を4月12日まで継続する。

 柏市は市立柏高校の休校を、市内小中学校と同じ4月17日まで延長する。

 東金市は市立小中学校の休校を4月20日まで、鴨川市は10日まで、館山市と一宮町は19日までとした。


  • LINEで送る