2020夏季千葉県高等学校野球大会
新型コロナウイルス情報

24時間支援へ千葉県立病院人材も 合同会議、封じ込め手探り 東庄施設集団感染

障害者施設での新型コロナ集団感染を受けて国、県、船橋市、東庄町の担当者らが開いた緊急会議=30日、東庄町役場
障害者施設での新型コロナ集団感染を受けて国、県、船橋市、東庄町の担当者らが開いた緊急会議=30日、東庄町役場

 東庄町笹川の障害者福祉施設「北総育成園」での新型コロナウイルス集団感染を受け、施設設置者の船橋市と、千葉県、厚生労働省、東庄町、同園の関係者らが30日、同町役場に集まり、対応を緊急協議した。同園に三つの県立病院から看護師と医師を派遣すると決定。多くの入所者が園内にとどまる中、医療を強化して24時間態勢で支援する。29日時点で入所者と職員、職員家族計86人の感染が判明。出席者から「対応は手探り」との声も上がった。30日分の検査結果は集計が難航し、まとまらなかった。

 すでに昼間は旭中央病院から医師1人と看護師2人が派遣され、新たに夜間も3県立病院から医師と看護師が1人ずつ常駐する。

 会議は冒頭のみ公開され、終了後に県衛生研究所の石出広所長と国立感染症研究所の山岸拓也医師が報道陣の取材に応じた。山岸医師は園の現状を「比較的早くに(感染が)見つかっているが、障害者施設での集団感染は初めてで手探りで対応している」と説明。

 入所者の特性上、初めて会う人や異なる環境への適応が難しいことから、生活の拠点としての機能を維持しながら感染を封じ込める作業が難しいとした。

 県によると、園内は、防護服なしで会議などを行う場所と、防護服を着用する部分を区分けし、感染拡大を防ぐ体制を取った。介助は未感染の職員が行う。

 食事は毎食、施設で用意しているが、調理員の不足で4月2日以降、提供が難しくなる見込みだという。

 会議には園を指定管理者として運営する「さざんか会」の理事長と園長も参加。県によると、園長は濃厚接触者に当たるが、検査が陰性だったため参加した。

 「さざんか会」(船橋市行田)の宮代隆治理事長は30日、千葉日報社の取材に「園職員の約半数が感染したため運営は大変厳しい。緊急に法人内の別の2施設から職員を複数派遣する」と述べた。それでも介助などの職員不足が見込まれることには「第三者に介助などを委ねるのは難しいが、行政側と対応を相談しなければ」と、第三者の協力を求める可能性も示唆した。

 同園では厚労省の手引に沿って消毒や手洗い、換気などを行ってきたが、入所者の多くが重度の知的障害者のため、濃密に接して支援するケースもあり、感染が広がったとみられる。


  • LINEで送る