新型コロナウイルス情報

東葛北部の40代男性感染 広島、岐阜に出張 【新型肺炎】

 千葉県は23日、東葛北部に住む40代の男性会社員の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。関節痛などの症状が出た後、新幹線やレンタカーを利用して広島県と岐阜県に出張していた。感染症指定病院に入院中で、発熱やせきの症状はあるが、重篤化はしていないという。

 千葉県によると、男性は12日に関節痛や筋肉痛を発症し、広島へ出張。翌13日には岐阜へ移動し、せきが出始めた14日に岐阜から自宅に戻った。17、18日は電車で東京都内の会社に出勤。38・2度の熱が出たため、18日午後に県内のクリニックを受診し、21日に千葉県内の感染症指定病院に入院した。検査の結果、22日に同ウイルス陽性と判明した。

 男性は1人暮らしで、12日の発症後はマスクを着けていたという。感染ルートは不明。県内で確認された感染者は23日現在で計13人(無症状2人を含む)となった。


  • LINEで送る