園児ら89人集団ノロ 千葉市内今季初こども園、幼稚園で

 千葉市は16日、中央区の認定こども園と緑区の幼稚園で、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が集団発生したと発表した。市内では今季初の集団感染で、嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴えた0~6歳の園児80人と職員9人の計89人が発症した。重症者はおらず、全員快方に向かっている。

 市健康企画課によると、5日に中央区のこども園の複数の園児に下痢や腹痛などの症状が出ていると、市保健所に報告があった。13日までに発症者が51人となり、うち園児1人を含む3人から同ウイルスが検出された。

 10日には、緑区の幼稚園から市保健所に複数の園児に下痢や嘔吐の症状が出ていると連絡があった。2人から同ウイルスが検出され、13日までに38人が発症した。

 同課は「手洗いの徹底や、汚物の速やかな処理で感染を防いで」と注意を呼び掛けている。


  • LINEで送る