5月限定!登録無料キャンペーン実施中

国際テロを水際防止 千葉、6機関で合同訓練

不審者を制圧する海上保安庁の職員=9日午後、千葉市中央区
不審者を制圧する海上保安庁の職員=9日午後、千葉市中央区

 国際テロや組織犯罪を水際で未然に防止しようと、千葉市中央区の中央埠頭(ふとう)で9日、「千葉港・木更津港テロ対策合同訓練」があり、関係6機関が連携体制を確認した。

 訓練には121団体が出席。千葉県警や千葉海上保安部などから約140人が参加し、実働訓練を行った。

 訓練は、外国人風の不審な男数人が車で逃走した想定で行われ、現場に駆け付けた警察官が車内の潜伏者を制圧。爆発物と思われる不審物を発見し、処理班が車両で運び出した。


  • LINEで送る