勝浦カッピー ご当地ナンバー買い取りか タイ人逮捕「転売目的」

勝浦カッピーがあしらわれたナンバープレート(勝浦市提供)
勝浦カッピーがあしらわれたナンバープレート(勝浦市提供)

 勝浦市などで地元の名物やキャラクターを描いたミニバイク用「ご当地ナンバープレート」が大量に盗まれた事件で、埼玉県警は18日、盗難ナンバーを買い取ったとして、盗品等有償譲り受けの疑いで、埼玉県熊谷市上中条、タイ国籍で自称オートバイ販売業、サマーン・マークムアン容疑者(46)を逮捕した。

 県警によると、ナンバーを盗んだ疑いで逮捕した男の供述から売却先として浮上した。容疑を認め「タイ人の知り合いに転売するため1枚2千円で買い取った」と供述。県警は、タイにご当地ナンバーの愛好家がおり、高値で取引されていたとみて調べる。

 逮捕容疑は、熊谷市の路上で7月31日、無職、新田唯斗被告(21)と同居の女(22)=いずれも窃盗罪で公判中=から、勝浦市のご当地キャラクター「勝浦カッピー」をあしらったナンバー1枚を、盗品と知りながら買い取った疑い。

 マークムアン容疑者は熊谷市のオートバイ店に客として訪れた際、新田被告と知り合い、ご当地ナンバーがほしいと持ち掛けたという。県警は、新田被告らが福島、茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、静岡の各都県で633枚を盗んだと確認。マークムアン容疑者に売ったとみている。


  • LINEで送る