多重滞納許しません! 放置駐車違反金で千葉県警 2020年1月まで徴収強化

 放置駐車の違反金滞納が後を絶たない中、千葉県警は多重滞納者を対象に恒例の徴収強化対策に乗り出した。冬のボーナスの支給時期を含めた来年1月10日までの間、車両の差し押さえも念頭に置いた厳しい姿勢で臨み、速やかな納付を求める。

 県警交通指導課によると、期間は今月11日~来年1月10日の2カ月間。滞納者には書面や電話で催促し、場合によっては口座や給与を差し押さえる。悪質な滞納者に対しては、車両を差し押さえ、インターネットオークションに出品することも想定している。

 県警は、5月7日~7月5日の2カ月間でも同様の徴収強化対策を実施し、前回は544件、403人分の839万4千円の違反金を徴収している。同課は今回も強い姿勢を崩さずに「法律に基づいて厳正に対処する」と意気込みを示した。


  • LINEで送る