2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

“心の教育”説き続ける 瑞宝双光章 元公立小学校長 粕谷義行さん(75)

 「子どもさん、保護者、家族が支援してくれたから今の自分がある」と控え目に喜ぶ。1958年に千葉大卒業後、地元八街の二州小の教壇に立つと、「個人の尊重」を信条に48年間、教育向上に力を注いだ。

 88年から成田市の神宮寺小、八街東小、実住小の校長を歴任。教員、保護者には「理性だけでなく研ぎ澄ました感性、常に子どもの声や行動の真意に気づく“心の教育”が最も大切なこと」と説き続けた。

 途中15年間の県教育センター時代にカウンセラーとして多様な教育相談に対応したことや八街第一幼稚園長経験から「幼児教育の重要さ」を実感。八街市教育長を97年から8年間務め、幼・小・中、高校までの連携教育を促進した。


  • LINEで送る