東関道から車転落、運転の男性死亡 酒々井PA付近

 5日午後1時45分ごろ、酒々井町墨の東関東自動車道の酒々井パーキングエリア(PA)近くで、下り線を走行していた軽乗用車が左側にあるのり面を乗り越え、同PAの管理道路に転落した。運転していた東京都江戸川区江戸川5の会社員、増田昌弘さん(49)がドクターヘリで病院に搬送され、死亡が確認された。千葉県警高速隊は詳しい経緯を調べている。

 同隊によると、現場は片側3車線で、他の車と衝突したような形跡は確認されていないという。同乗者はいなかった。対向車線の車の男性運転手が事故に気付き110番通報した。


  • LINEで送る