容疑で18歳内装工逮捕 四街道ひき逃げ死亡

 四街道市内で20日朝、女性が車にはねられ死亡した事件で、四街道署は21日までに、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、四街道市在住の内装工の少年(18)を逮捕した。

 逮捕容疑は20日午前6時55分ごろ、四街道市下志津新田の市道で、近くに住む高橋晴美さん(54)を乗用車ではねて死亡させ、逃走した疑い。

 同署によると、少年は夜通しで友人と遊んだ後の帰宅途中で「居眠り運転をしていた。看板とぶつかったと思い、逃げた。人をはねた覚えはない」と容疑を否認している。同署は目撃情報などから車を特定したという。

 近隣住民が市道の方で「ドン」という音がしたのに気付き、様子を見に行くと、うつぶせで倒れている高橋さんを発見。高橋さんは散歩中だったという。


  • LINEで送る