補修したばかり… 途方に暮れる安房地域住民 【台風19号】

壊れた屋根をブルーシートで覆う職人ら=13日午前11時25分ごろ、館山市布良
壊れた屋根をブルーシートで覆う職人ら=13日午前11時25分ごろ、館山市布良

 台風15号からの復興を目指していた安房地域を、再び暴風が襲った。先月の台風で甚大な被害を受けた館山市の富崎地区では、屋根を覆っていたブルーシートが吹き飛び、屋根瓦が散乱。避難所から戻ってきた地域住民は途方に暮れた。

 同地区にある実家の様子を見に袖ケ浦市から駆け付けた男性(67)は「ブルーシートが全部飛ばされてしまった。せっかくボランティアからきれいに張ってもらったのに」と落胆。同地区で1人暮らしを続ける女性(75)も「前回の台風を教訓に家中にテープを張ったおかげで被害はなく、一安心。ただ、家がまた停電になった。今度は何日続くのか…」と肩を落とした。

 台風15号で甚大な被害を受けた館山ファミリーパークでは、半数のコスモスが強風による塩害の影響を受け、約8千株を植え替えることに。12日に予定していた約1カ月ぶりの営業再開は25日に延期となった。

 南房総市では、停電の影響で約360戸が断水。和田地区や丸山地区など3カ所で給水所を開設した。市役所からほど近い富浦町の原岡海岸では、台風の影響で桟橋が崩れた。

 鴨川市でも曽呂地区を中心に171戸が断水したほか、国道や県道が倒木で通行止めになる被害が出た。


  • LINEで送る